仕事場を整理していて懐かしいメモ書きを発掘。
2002年〜2005年ごろまでの師匠Giampaolo Saviniのことばの数々。
師匠の言うことを片っ端からメモしては自宅に帰ってから整理して大判のノートに清書していた。
そのノートは何度も読み直してボロボロになっていますが、肌身離さず持ち歩くのを見てSaviniはそのノートはお前の聖書みたいなものだな、と言っていたけどまさにその通り。未だにそこから製作のヒントが得られることがある。

SaviniもPoggiの工房に通っているころ同じようなことをやっていて、セロテープやゴムバンドで束にしないとバラバラになってしまうくらいボロボロになったノートが何冊もあった。夕方になると「シュウタロウ、今日はもう作業は終わりにしよう。グラスとワインを持ってこい」とローマ郊外のアパートの5階のテラスで、テヴェレ川に映える夕焼けを眺めつつそのボロボロのノートを開いてPoggiのことばや教えを肴にグラスを傾けつつ語らったのが懐かしい。

  

この仕事は作業的には常に同じことの繰り返し。

それが単純な繰り返しになるか違うレベルに到達するための行程にできるかが職人としての質を分けるポイントになると思う。常に上を目指す意識は持ち続けたい。

製作途中の表板。板の感触がちょっと気になって、別の材でも作りはじめて比較しながら削っているところ。楽器の寿命は長いので数週間の遠回りでよくなるならまわり道は積極的にしろ、というマエストロSaviniのことばが未だによく響く。

本年もよろしくお願いいたします。

  

41センチのヴィオラに着手したところで仕事納め。
このところヴィオラは少し小さめのモデルのオーダーが続いていたので、久しぶりにマエストロSaviniから譲り受けたPoggiのモデルで作ってみることにして、気持ちも上がっています。
新たな年も挑戦の気持ちを持ちつつやっていきたいと思います。